« ついカッとなって... | トップページ | ちょっと勉強したくなった »

素振りと考えてしまった事(真面目風味)

IMG_0119.jpg

今日は友人と日本橋~天王寺界隈をぶらぶら歩いておりました。

友人の撮影機材は「PENTAX *istDs2」、対する私は「Canon IXY DL2」。コンパクトデジカメと一眼レフデジカメという両極端な取り合わせですが、同じデジタル写真を趣味とするのは基本的合意に至っているので(そう?)、構図やら機材設定に関して意見交換。

結論的には「一眼買えよ。」と切り捨てられるわけですが、魅力的な新機種が続々とリリースされているので当分の間は「様子見」。新製品は資金的に厳しいので、一世代前ぐらいの中古品を狙いますが(悲しいなぁ)

それにしても新世界付近の風景って激変してました。通天閣付近の飲食店は「串かつ」「串かつ」「串かつ」「串かつ」「串かつ」。看板的にも「大阪」を強調するような派手派手看板。物心付いたときから通い慣れている場所ですが、こんな大袈裟な看板は逆に似合わない。恐らく「新世界に元々あるお店」というのはその中の数店だけで、その他は違うのじゃないのかな?

私としては子どもの頃、祖父の自転車に乗せられて連れてこられた「こじんまりとした串かつ屋(家族経営の)」が立ち並んでいる風景が好きでした。それが今は...インパクト重視、そして「同じような雰囲気」を売りとした飲食店ばかりになってしまっている感じがする。悪い言い方をすれば、有名寺社仏閣の門前町。どこを見ても同じような構え、同じような土産物。統一感はあっても風情が無い。

新世界界隈という場所は「個性的な」お店の集合体だったと思う。串かつ屋一つにとっても「昼間から飲んだくれている名物おやじ」「一癖二癖ある店主(おばちゃん)」「店のインテリア(そこまでご大層なものじゃないけど)」、それらの要素が「複雑に絡み合って」一つの店の雰囲気を作り出していた。

それが今では統一されたイメージを持った店ばかり。フランチャイズ店舗が繁栄して、個人商店が衰退していく世の中の潮流を新世界界隈でも感じてしまった。

そう言えば大阪府は「大阪ミュージアム構想」を改革PT案で出しているけど、新世界付近も「立派な展示ゾーン」として分立出来る可能性を秘めていると思う。しかしだ、今の状況を看過した上でゾーンとして設定してしまうのはどうなのだろう?なんて事をふと考えたりする。良い場所なんだけどな。

IMG_0138.jpg

P.S.戦場の絆で乗り物酔い。面白いけど、何回もプレーするものじゃないなぁ(体力的な問題もありそうだけど)

« ついカッとなって... | トップページ | ちょっと勉強したくなった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素振りと考えてしまった事(真面目風味):

« ついカッとなって... | トップページ | ちょっと勉強したくなった »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ